D.I.'s Memorandum

日常の切出し、自己投資の感想、Mac等の設定、響いた言葉、リンクなど。
<< スキー旅行1日目 | main | チーム・バチスタの栄光 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スキー旅行2日目
調子良く滑っていた。
けど、吹っ飛ばされて左半身が打撲気味。。。
筋肉痛と一緒に、歩くのは精一杯になっています。
7時半朝食、うちの部屋が一番遅かったです。
9時までに大体の荷造りを終え、チェックアウト。
昨夜のスキー初心者は越後湯沢駅を観光することに。
残りの滑れる組は冒険できることになる。

昨日と同じように、リフトを乗り継いでいく。
2番目のゲレンデでMが思わず感嘆の声をあげる。
「昨日とは全然違い、板がするすると滑る!」
ワックス効果、ここにあり!である♪

昨日は滑らなかったコースにも出張してみるも、
やはり山頂からのコースが一番楽しめる。
モーグル・コースはその深さを増し、難易度を高めている。
Mが提案した、リフトのそばを通るコースを試す。
幅5mくらいの急斜面のコースは難しくは見えなかった。
最初は警戒しながらもスピードに乗る私。
と、急に小さなモーグルが連続する。
ふとゴーグルに入る風でコンタクトが乾燥し、
視界が白っぽくなったのでスピードを殺そうとする。
が、勢いを増したまま大きなジャンプ台形状に。
飛んだ後、態勢を整えようとした直後、別な台が。。。
そのまま吹っ飛ばされ、身体が反転し、板が両方とももげる。
最初に感じたのは、左腕の痺れ。そして左半身の痛み。
ふと上を振り返ると、1つ目のジャンプ台手前で
Mも同じように板が外れて倒れていた。
2人とも、昨日の疲れからか、足スキーになっていたようだ。
だからブレーキングが甘くなっていたのだろう。

リベンジを誓いつつ、リフトに乗り込むも、
ぶつけたお尻の左側が触れると痛い。
昨日お尻を打った女性と同じような感じである。

2度目はかなり警戒して滑り降りる。
ジャンプ台形状のところは、その横を通り抜ける。
無事にリベンジを果たす。。。けど、やっぱり飛ぶべきだった?

何度と挑戦しているうちに13時となる。
昨日と同じように麓まで降り、お昼とする。
ばたばたと宿泊先に戻り、ばたばたと荷造りをする。
そして温泉に行く準備をする。
ハツカ石温泉 石打ユングパルナス
足がぱんぱんになっているのが分かる。

越後湯沢駅にて合流し、お土産を購入し、ホームへ。
指定席は満席らしく、自由席の取り合いとなる。
禁煙席2つは妊婦のいる夫妻に譲り、
喫煙席6つだと足りない分、私らは通路の席に陣取る。

19時頃には東京駅に無事に到着。
Mが願っていた通り、「華麗なる一族」が見れる時間。
私はと言うと、その足で祖母宅へ向かう。
夕食を食べた後、Mに触発され、思わず見てしまう。
TBS 日曜劇場「華麗なる一族」
白状するなら、ドラマと言えるような演技だなぁ、と。
けど、ストーリーは面白そうである。

ぱんぱんとなった足を抱えて、いつの間にか寝る。
やたらと鼻水が出るのは、風邪?それとも花粉症?
スポンサーサイト
comment?









TrackbackURL
http://mail2dais.jugem.jp/trackback/1418
trackback
Search
SELECTED ENTRIES
TRANSLATION
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
楽天アフィリエイト
Google Adsense
UK広報ブロガー
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS