D.I.'s Memorandum

日常の切出し、自己投資の感想、Mac等の設定、響いた言葉、リンクなど。
<< Stay home / 家にこもる | main | How do you measure how much he/she is loved? / 愛され具合を測るなら? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

全脳思考
評価:
神田 昌典
ダイヤモンド社
¥ 2,100
(2009-06-12)

JUGEMテーマ:読書

実は一度読み、途中で終わっていた本である。
全脳思考 | D.I.'s Memorandum
イメージを大切にする、論理的なアプローチ手法という意味で、
なかなか興味深い手法だと思う。
P.20
つまり、先のことを考えることが許されず、周りと意識を共有することもできず、とにかく支えつづけるという役割を担っているのである。

P.28
結論から言えば、時代の底流では、「情報社会」から「知識社会」への急速な転換が起こっている。
...
実は、わかっているようでわからないのが「情報社会」と「知識社会」の違いである。多くの人が「情報社会」=「知識社会」であると混同している。ところが、この2つを切り離した途端、現在の状況がすっきり見通せるようになる。
私の見解では、情報社会とは、情報を収集・整理することが付加価値となる社会。それに対して知識社会とは、収集・整理された情報から生み出された新しい気付き・アイディアを実際に、行動に移すことが付加価値となる社会だ。

P.90
知識社会における成功は、検索から始まる
1. 指名検索
2. 検索を促すネーミング
3. 自己投影型消費を支える物語
4. 物語にスムーズに入り込める導線
5. サブエピソードを共有する場

P.103
そこで、どうすれば話題になるのかについて考えてみよう。シンプルに考えれば、話題が広がっていくためには、話をする人が、話がしやすく、相手が話を面白く感じなければならない。

P.146
とくに企画・提案といった創造的課題に対処るときには、思考モデル-すなわち何を、どの順番に考えるのかという道筋-がなければ、発想の糸口を見つけにくい。
...
ところがモデルがある場合には、お互い同じチャートに向かい、同じ問いについて考え、同じ目標に向かって、同じ段階を踏みながら、議論を進展させることができる。

P.256
TEFCASとは、英国の教育者トニー・ブザン氏が提唱した方法で、目標を実現させるためのプロセス管理サイクルだ。
...
TEFCASの最初のステップは、なんと最終ステップから始まる。なぜなら脳は「成功」(Success)を明確にイメージすると、その実現に向かって、24時間、絶え間なく脳を働かせるからだ。
...
トライアル(Trial)、すなわち仮説を試してみるということ。大切なことは、100%完璧を期すまで考えるのではなく、何をすべきか悩んでいるぐらいであれば、実際にやってみること。「これだ!」と感じたことは、小さい規模ですべてやってみようとする気持ちが大事。
...
実施したトライアルの結果として生じる出来事(Event)を客観的に観察する。
...
「トライアル」を実行した結果、起こった「イベント」からの「フィードバック」(Feedback)を受け取る。フィードバックは、どんなに表面上はネガティブに見えるものであっても、結果に一歩でも近づける情報や経験として、それを肯定的に解釈する。
...
フィードバッックが、確かなデータに基づく信頼性・信憑性のあるものなのか、確認(Check)する。
...
アジャスト(Adjust)は、目標実現に向けての最終調性・修正ステップ。最終フィニッシュを飾るための具体策をとる。
...
あなたが明確にイメージしていた成功を遂げる(Success)。

P.277
結論から言えば、仮説を実行するプロセスで重要なポイントは、次の3点だ。
1. 理解されること、
2. 納得されると、
3. 応援されること。
どれも極めて重要で、当たり前ではある。

P.325
このような現実を直視すれば、目的とする変化を起こしていくためには、周りの人が口を出す隙も与えない正しい論理より、批判されながらも多用な発言を引き出し、グループでよりよいアイディアに昇華させていく人間的な論理のほうが必要なのだ。論理的な人間ではなく、人間的な論理が求められているのである。

P.335
チームを立ち上げれば、そこには必ず4つのタイプが...
管理者(短期的、安定・効率):混乱が大嫌い。すべては規則どおりに動き、おそく できる日常をこよなく愛す。数字に細かい。休日は絶対にとり、定時に出勤、定時に帰る。起業家とは水と油の関係。
統合者(長期的、安定・効率):簡単に言えば政治家タイプ。根回しをして、誰もが納得することを行う。社内では目立たないように見える。しかし、この人がいないと社内は分裂。
起業家(長期的、影響・効果):とにかくアイディアをしまくる。人の意見を聞かずに、しゃべりつづける。言うことがコロコロ変わる。混乱が大好きで、一度できたものを引っくり返す。星一徹型人間。ドリーマー。典型的ワーカーホリック。
実務家(短期的、影響・効果):魔法のように起業家の夢を現実化する。現実に結果を出すことを樹脂。日常的に業務をスムーズに回すことに専心しているので、統合者とは宿敵同士。起業家とは気が合うが、ときとしては謀反を起こす。

P.342
しかし、そうした提案に対するネガティブなコメントは、あなたに対する批判ではなく、すべて質問なのである。
...
このようにすべての批判やネガティブな出来事は、質問に換えることにより、プロジェクトを推進するための貴重なヒオントになったり、より多きな視野でプロジェクトの定義を再構築するきっかけを与えてくれたりするのである。

P.418
それでは、いったいどうやって200万人の心の中から、生まれたがっている言葉を見つければいいのだろうか。このように意識化されていない言葉を着きとめるためには、人を中心として考えるのではなく、その周り、すなわち、背景から考えた方が見つけやすい。人から視点をずらし、背景を眺めるのだ。
スポンサーサイト
comment?









TrackbackURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
Search
SELECTED ENTRIES
TRANSLATION
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
楽天アフィリエイト
Google Adsense
UK広報ブロガー
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS