D.I.'s Memorandum

日常の切出し、自己投資の感想、Mac等の設定、響いた言葉、リンクなど。
<< Uncomfortable Monday / イマイチな月曜日 | main | Feedback / フィードバック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

狼と香辛料〈10,11〉
評価:
支倉 凍砂
アスキーメディアワークス
¥ 620
(2009-02)

JUGEMテーマ:読書

まず10巻について。
物語は、制約をつけることで面白くもなり、
また、制約を外してこそ面白くなるとも言える。
ウィンフィール王国という不慣れな場所と限られた人間関係、
それを頼りに立ち居振舞うことが制約。
この物語に広がりを持たせるのが、制約を外すこと。
今後を期待させる展開だが、ネタバレになるので、ここまで。

次に11巻について。
番外編とは言え、考えさせる内容だ。
一人に慣れると、相方の取扱い方に困り、いざこざの原因となる。
そして、エーブことフルールが主人公の作品「黒狼の揺り篭」は、
商人になるということを身を持って知る、悲しい物語。
狼と香辛料〈11〉Side Colors2 (電撃文庫)
支倉 凍砂 アスキーメディアワークス 売り上げランキング: 20175

スポンサーサイト
comment?









TrackbackURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
Search
SELECTED ENTRIES
TRANSLATION
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
楽天アフィリエイト
Google Adsense
UK広報ブロガー
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS