D.I.'s Memorandum

日常の切出し、自己投資の感想、Mac等の設定、響いた言葉、リンクなど。
<< 統計学を拓いた異才たち | main | Unlucky with books / 本との相性が悪い時もあるさ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

エリオット波動入門
評価:
ロバート・R・プレクター・ジュニア,A・J・フロスト
パンローリング
¥ 6,090
(2009-08-05)

JUGEMテーマ:読書

株価等の傾向を分析した手法の1つとして興味があり、
手に取ったものの。。。30分で挫折したwww
端的に言うと、株価等の波の上下共にピーク・パターンがあり
上昇傾向なら、3階連続した上昇ピークがあり、
その後、修正段階として、1度の上昇ピークを持つ下降があるらしい。
下降傾向なら、その逆のパターンがあるようだ。
■ エリオット波動 - Wikipedia
どんなものかね。。。
スポンサーサイト
comment?









TrackbackURL
http://mail2dais.jugem.jp/trackback/3702
trackback
Search
SELECTED ENTRIES
TRANSLATION
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
楽天アフィリエイト
Google Adsense
UK広報ブロガー
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS