D.I.'s Memorandum

日常の切出し、自己投資の感想、Mac等の設定、響いた言葉、リンクなど。
<< Recovering? / 回復してきたかな? | main | Meeting / 打ち合わせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”
JUGEMテーマ:読書

この本は3つの話が融合している。
1つは、著者がカバーヨ・ブランコと呼ばれる幽霊を見つけ出し、
史上最強の”走る民族”、タラウマラ族の秘術を探る話。
2つ目は、多くのランニングシューズが
人間の足に悪影響を及ぼしていることや、
人間の体がもともと走るように出来ていることなど、
バイオメカニクスや人類学などの科学的な説明を交えて解き明かす話。
3つ目は、タラウマラ族と世界最速のウルトラランナー立ちが
メキシコの荒野で激突するレースの話。

個人的に面白かったのは次の点。
・ランニングシューズで走るとケガをする。裸足で走れ。
・足の下にクッションがあると、ストライドが広がって脚が流れ、腰がねじれる。
・裸足で走ると、背筋はまっすぐに伸び、両足場知りの真下がからずれることはなく、フォームが引き締まる。
・なぜ人間は二足歩行になったのか?そして、強さとスピードの両方を同時に手放したのか?弱い生き物に進化したのか?それは走る動物として進化したのだ。全ての走る哺乳類はある一定の体温になると、体内に蓄積された熱を吐き出すため、足を止めざるを得ない。それに対して人間は、体の熱の大部分を発汗によって発散する、唯一の哺乳類なのだ。
・人は年をとるから走るのをやめるのではない。走るのを辞めるから年を取るのだ。問題は、能が常にコストを削減して、少ない元手で取り分を増やし、エネルギーを保存して緊急時に備えることを企てている。「脚を動かせばいい。走るために生まれたと思わないとしたら、あなたは歴史を否定しているだけではすまない。あなたという人間を否定しているのです。」
スポンサーサイト
comment?









TrackbackURL
http://mail2dais.jugem.jp/trackback/3836
trackback
Search
SELECTED ENTRIES
TRANSLATION
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
楽天アフィリエイト
Google Adsense
UK広報ブロガー
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS