D.I.'s Memorandum

日常の切出し、自己投資の感想、Mac等の設定、響いた言葉、リンクなど。
<< めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAi「1000万円株バトル!!」優勝者が教える デイトレ&スイング 株ですぐに儲ける法 | main | 相場の波動はシンプルに読め! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スプートニクの恋人
JUGEMテーマ:読書

会社の派遣さんが読んでいて、オススメしていたので読んだ1冊。
村上春樹の文体は、AからBへ、という出来事を、
寄り道をして、様々な装飾をつけて、説明するという特色があると思っている。
この話も、それに違わず、そんな感じ。

1年前の私の気持ちを表している物があったでメモ。
でもそこでぼくが感じたのはたとえようもなく深い寂寥だった。気が付くといつの間にか、ぼくを取り囲んだ世界からいくつかの色が永遠に失われてしまっていた。そこのがらんとした感情の廃墟の、うらぶれた山頂から、自分の人生をはるか先まで見渡すことができた。それは子供の頃に空想科学小説の挿絵で見た、無人の惑星の荒涼とした風景に似ていた。そこにはいかなる生命の気配もなかった。1日はおそろしく長く、大気の温度は暑すぎるか寒すぎるかどちらかだった。ぼくをそこまで運んできたはずの乗り物は、いつの間にか姿を消してしまっていた。もう他のドコニモイケナイ。そこでなんとか、自分の力で生きのびていくしかないのだ。(P.268)
スポンサーサイト
comment?









TrackbackURL
http://mail2dais.jugem.jp/trackback/4598
trackback
Search
SELECTED ENTRIES
TRANSLATION
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
楽天アフィリエイト
Google Adsense
UK広報ブロガー
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS