D.I.'s Memorandum

日常の切出し、自己投資の感想、Mac等の設定、響いた言葉、リンクなど。
<< 勝つ投資 負けない投資 | main | 人を操る禁断の文章術 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

億男
評価:
川村 元気
マガジンハウス
¥ 1,512
(2014-10-15)

JUGEMテーマ:読書


軽快な文章と物語で、サクッと読める。
お金に対する意識を、考えるキッカケになる。

でもキミは「お金と幸せの答え」を求めてだ。だからボクなりにキミにその答えを伝えようと思ったんや。キミはここに来る前と、今とで何ひとつ変わってへん。キミの頭の中で、百万円が1億円になって、それがゼロ円になった。それはあくまでキミの頭の中だけで起きた出来事なんや。ま、でも”お金と幸せ”なんてそんなものちゅうことやねん。実体なんて何もあらへん。今日、キミの頭の中で動いた金と、本物の金の違いなんてたいしてあらへんのや。(P.133)

人間は欲望のために働く生き物やと思うねん。金で買えると思っている喜びを手に入れるために、金を欲しがる。でも金がもたらしてくれる喜びなんて長続きはせえへん。その先にあるのは恐怖しかない。金持ちが金を持っているのは、怖いからや。金持ちは、金を失う恐怖を金で打ち消そうとしているだけなんや。せやから金を貯めこむ。あってもあってもまだ稼ごうとする。でも、その先に知ることになるんや。金を貯めれば貯めるほど、恐怖がもっと強くなっているちゅうことを。(P.135)

会社に入る前、みんなボクの風体を見て、憎たらしい変人やと思って避けていたんや。でも、九十九はんだけは、ボクに賭けてくれた。「なんでボクなんや?」って、聞いたら、九十九はんは「勘だよ」って言うんや。「人を信じる時に、そこに計算はないはずだ。信用は不確実で、不合理だ。騙されることも多いし、外れることも多い。でも、僕は君を信じたい。君に賭けたいと思うんだ。この気持ちは勘としか表現しようがない」そう言って、珍しく笑ったんや。そやから九十九はんが、その賭けに勝てるように、ボクは頑張った。(P.135)

「信じることができる人を求む。僕が信じることのできる人。僕のことを信じてくれる人。」(P.176)

彼らも初めは本当にやりたいことがあり、夢があって会社を作ったのに、その会社を、その夢をいつしか高く売ることだけが目的になってしまった。でも九十九はそのことの無意味さを知っていた。夢、そして信用。それらは一度売ったら買い戻せないと。わたくしもそのことは十分に分かっていたはずでした。それなのに、最後はお金と引き換えに、その夢を売ってしまった。魂を売り飛ばし、大きな罪を背負った。...だから今でも思います。あの頃に戻ってやり直したい。でもそれは、もちろん無理なことです。信用と同様に、時間も取り戻すことができない。お金ならばいくらでも取り戻すことが出来たのに。(P.182)

なぜなら人は、明日を生きるために”何かを欲する”生き物だから。(P.216)

僕たちを幸せたらしめているものは何か?
僕たちの生を繋ぎ止め、明日へと生かすものとは何か。
...
そのどれもが、お金で買えるのかもしれない。けれども、それとともにある幸せは、誰かと一緒でなければ手に入れることはできない。ひとりでは難しい。誰かと共有していなければ、その幸せな、ひとときを。(P.220)

人間には自分の意志ではコントロール出来ないことが3つだけある。
死ぬここと、恋することと、あとお金だ。(P.66)
...
だけどお金だけが、他の2つとは異なることがある。
...
死ぬことも、恋することも、人間が誕生した時からそこにあったものだ。だけどお金だけが、人がみずから創りだしたものなんだ。人の”信用”を形に変えたものがお金なんだよ。人間がそれを発明し、それを信用して、使っている。だとしたらお金は人間そのものだと思わないか?だから僕達は、人を信じるしか無い。この絶望的な世界で、僕達は人を信じるしかないんだ。(P.234)

つまるところチャップリンが言ったとおりなんだ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんのすこしのお金さ。想像力を持ち、世界のルールを知る。そして勇気を持ってそこに踏み込む。それさえあれば、ほんの少しのお金で十分だと思える。(P.237)

お金と幸せの答え、それはひとつではない。人間すべてひとりひとりに解がある。だからこそ僕は、もし人間を疑うか、信じるかのY字路があったとしたら、信じる道を行こうとふたたび思えるようになった。(P.237)

お金はある。けれども相変わらず欲しいものは見つからない。
でも今、失ったものを取り戻したいという「欲」が、一男を生かし、明日へと送り出す。
一歩、また一歩、足を前に踏み出させる。(P.242)

スポンサーサイト
comment?









TrackbackURL
http://mail2dais.jugem.jp/trackback/4657
trackback
Search
SELECTED ENTRIES
TRANSLATION
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
楽天アフィリエイト
Google Adsense
UK広報ブロガー
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS